美容成分クエン酸の効果と使い方

クエン酸は疲労回復やコリの元の乳酸を分解する役割があり、ダイエット効果もある美容成分として有名。

美容成分クエン酸の効果と使い方
PAGE LIST
美容成分クエン酸の効果と使い方

クエン酸は疲労やコリの原因の乳酸を分解する美容成分

梅、レモン、みかん、黒酢などによく含まれているクエン酸は、運動時などに生成される筋肉中の疲労物質である乳酸を分解するはたらきがあるため、疲労回復効果があります。
新陳代謝の活性化によって老化を抑制すると同時にアンチエイジング効果が高い美容成分としても有名。また、体脂肪の分解も進むためにダイエット効果もあると言われています。
運動の後に何故か柑橘系のものを飲みたくなるのは身体が欲しているからです。
運動をした後、運動後にレモンやみかんが美味しく感じてしまうのは、疲労物質の「乳酸」等があるからで、それを分解して疲労回復を早めてくれるからです。

クエン酸は有機酸で、無数ある有機酸の中でも最高に美味しい酸味で普段の食事にも手軽に取り入れる事が出来ます。
動物性のものに加えるだけで自然に身体に取り入れられる美容成分。焼き魚やお肉にレモンをかけたり、焼酎の水割りに梅や柑橘類を入れたり、ドレッシングに使用したり、梅やレモンや黒酢は色々な場面で使えるものです。
現代人の酸性に傾きやすい体を、弱アルカリに保つ効果があります。
顔のアゴの上によく「乳酸」がたまっているという事があるのですが、ゴリゴリしているものが乳酸です。
顔もコリますが実感はそういう所で感じるのではないでしょうか?肩こりや身体のだるさも身体が酸性に傾いているサインなので乳酸を流して血液の流れを良くする事で美容にも健康にもいいのでクエン酸をビタミン豊富な野菜と一緒に取るとダイエットにもいいかもしれません。

注目の美容成分に関わる話は、役立つこのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017美容成分クエン酸の効果と使い方.All rights reserved.