美容成分クエン酸の効果と使い方

クエン酸は角質のピーリング効果があるAHAの一種で、注目を浴びている美容成分のひとつで使い方も簡単です。

美容成分クエン酸の効果と使い方
PAGE LIST
美容成分クエン酸の効果と使い方

クエン酸は注目の美容成分、その効能とは?

クエン酸とはレモンや梅干に含まれるすっぱい酸味の成分として有名です。
また、従来よりクエン酸は疲労回復に効果があることが知られており、サプリメントやドリンク剤など数々の商品が生み出されています。
このように体内に取り入れ、身体の疲労回復や代謝を促すことでの健康効果は多くの人々に知られていますが、最近ではこのクエン酸の美容成分に注目し、スキンケアとして利用している人も増えてきました。
クエン酸の美容効果として最大のものは角質ピーリング作用のことです。
角質とは皮膚を構成するケラチン。お肌は毎日新しく生まれ変わり、古くなった皮膚は次第に上へ押し上げられ、最終的には皮膚の表面で角質層を構成し、約4週間後には剥がれ落ちます。
このサイクルをお肌のターンオーバーといいますが、この新陳代謝が滞り、古い角質が溜まったままになると、お肌のくすみやガサガサ肌の原因となってしまいます。

クエン酸はAHA(フルーツ酸)の一種です。
AHAというと市販のピーリング剤の主成分であり、角質をゆるめる効果があります。
この成分はケミカルピーリングの分野で主力となっているもので、お肌にやさしいということが特徴です。
また即効性もあることから人気が高まっています。
クエン酸の使い方はとても簡単です。
クエン酸配合の化粧水やクエン酸の水溶液をコットンに取り、お肌の上を滑らせて角質をふき取るといった方法や、水溶液を洗面器に作り顔を浸して角質をゆるめるといった方法など続けやすいことが利点でもあります。
またクエン酸には毛穴を引き締めるという美容効果もあるのでもっと積極的に活用したい成分です。

注目の美容成分に関わる話は、役立つこのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017美容成分クエン酸の効果と使い方.All rights reserved.